うちの子HACK

うちの子HACK

《大騒ぎチビッ子と小学生》神戸に家族旅行!まず予約

f:id:i_blog:20181222112934p:plain



神戸へ家族旅行

今年は初めて家族旅行に行きました。二人の子どもは幼稚園生と小学生。

下の子の年齢的なものもあって、今まで宿泊する旅行には出かけられなかったのです。

行けるようになったと言っても、二人ともそれぞれが大騒ぎ世代。

思い切って予約して、動きの多いチビッ子連れでもシティホテルに泊まれたのです。

小さい子がいると「和室のある宿泊先じゃないと難しいよね…」と検索先を絞りがちですが、なんとか泊まれた家族旅行でした。

 

 

 

 

交通機関は?

目的地は数百キロ先の神戸。

運転して行こうか…長距離だけど車なら荷物の心配も無用。

親は神戸に何度も行ったことがあるので、街中も車移動の方が慣れています。

だけど、子ども達の性格=長時間ドライブ=ムリ。

そのため新幹線の指定席で予約しました。

下の子は当時3歳。

「そうか!運賃3人分」新幹線にしよう!と思い切ったのです。

 

子どもたちの寝床問題…宿泊先はどうする?

次は宿泊先の問題です。

私は久しぶりの旅行なので街中のホテルに泊まりたい。

でも下の娘はまだチビッ子で、慣れないベッドに寝たら転がって落ちてしまいそう。

とりあえずファミリープランのあるホテルを探して、予約の際にベッドのことを相談することにしました。

 

利用した予約サイト

利用したサイトは『Booking.com』です。

長期休暇中の日程だったので、ファミリー対応プランも残り少ないだろうと思ってましたが心配無用。

検索ヒット数に驚きました。

 

決めた宿泊先は 『ホテルパールシティ神戸』

調べて悩んで、ポートアイランド地区にある『ホテルパールシティ神戸』に決めました。

イケア神戸の北の方で、ポートライナー路線の内側。

最寄り駅も複数あるので交通の便が良さそうです。

 

ホテルパールシティ神戸  

 

【画像出典:ホテルパールシティ神戸】

 

 

ベッドから落下の心配…相談結果

予約の際に連絡欄がありますので、ベッドの件を記入しておきました。

『Booking.com』の予約完了メールの後、ホテルからもメールが来ました。

対応早いですね。さすがはファミリープランの多いホテル!

小さい子がいるから和室のある宿泊先しかないかな…と絞り込みがちですが、相談してみるものです。

小さいお子さんがたくさんいるご家庭は難しいと思いますが、わが家は兄妹に歳の差もありますのでクリアできました。

4人家族がシティホテルに泊まれた方法は

  • ファミリープランを予約する
  • 子ども達の年齢を正確に入力しておく
  • 下の子は添い寝プラン、小学生は一人分として申し込む
  • 家族情報をしっかり伝えたうえで、相談内容を入力

その結果、ベッドが3人分入る部屋で、ベッドを詰めて配置してもらう対応をしてもらいました。

 

パールシティ神戸に行ってみると

周囲に大規模ホテルも並んでいるので食事するところにも困りませんし、神戸ポートライナーが走っている地域。

モノレール好きとしては楽しい場所です。

便利だったのはホテルの本当に目の前にセブンイレブンがあること。

そして室内のベッドは普通サイズのベッドが3台。

くっついて並んでいて、なおかつ全体的に壁側に寄せてあったのです。

落ちる心配もなし。広々ベッドでノンビリ眠れました。

 

【画像出典:ホテルパールシティ神戸】

 

宿泊プランを見ると、ともかく部屋が広い!

宿泊したのは3人部屋でしたが、余裕でベッド4台の部屋もあります。

ベッド移動の要望も、ラクに対応できるんだなあと思いました。

これならお子さんの多い家族でも、祖父母も一緒にみんなで一室に泊まれそうです。

 

パールシティ神戸の便利な設備

ホテル内に広々とした図書コーナーのあるフロアがあります。

そのすぐ横に子ども用の遊び部屋まであるのです。

一部すりガラスになったガラスの壁で仕切られていることもあり、人様に迷惑をかけることなく兄妹を走り回らせることができました。

広い遊び部屋でちょっとグルグル走るだけでも子供たちの気分転換になります。

 

神戸の観光名所

遊びに行った場所は「ハーバーランド地区」「神戸空港」「北野地区」「南京町」など。

徒歩で回れる範囲内に、洋風・中華風など、異国情緒豊かな名所が広がっている神戸。

子連れ旅行にピッタリです。

素敵な観光地についてまた後日、書いていこうと思います。