うちの子HACK

うちの子HACK

【新入学】新年度の準備・心がけ

 新学期

 

入学して新学期を迎えるときの心がけをまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

[1]ノート類の準備

 ノート類は最初、学校で指定されて配布される(教材費として後日徴収)場合が多いようです。その場合はページがなくなってきた段階で同じ種類を購入すればOK!

または学校からのおたよりで文字数・行数が指定されている場合は早めに購入しておきましょう。

 

《関連記事》

 

[2]教科書が配られたら読んでおく

 教科書は配布されたら名前を書いて、親子で目を通しておきましょう。「内容を見たことがある」というだけで子どもは安心感があります。

 

 

 

 

 

[3]家庭でも下敷きを使う練習を

 低学年の頃によく指摘されるのが、下敷です。下敷ありと無しではノートの見栄えが違いますし、先生から見た印象も違います。上手に文字を書けない…そういう時期だからこそ下敷の利用は必須です。

「ノートが汚い」…それだけでクラスメイトから冷やかされる要因になる可能性があります。家庭で宿題をする時も下敷を使うよう声掛けをしましょう。

 

素材とノンキャラにこだわりを

学校からも支持があるかもしれませんが、下敷きはノンキャラ(無地)製品がおススメです。授業に集中するためにも目に優しいカラーの無地製品を選びましょう。

素材は固いプラスチックよりも柔らかめの素材が書きやすいようです。硬質プラスチックだと鉛筆が滑る感覚があり、気持ち悪さを感じるお子さんもいます。

 

 

[4]持ち物のチェック

連絡帳

 

自主性が大切…でも、持ち物は親もいっしょに確認しましょう。必要なものがそろわないと活動や学習に参加できませんので経験できないというデメリットが大きいのです。

自主性に任せるのは、持ち物を自主的に準備できる学年になってからで大丈夫。最初のうちは、いっしょにチェックしていきましょう。

 

イレギュラーな持参物に要注意

小学校に通い始めると、「〇日までに△△を持たせてください」という連絡がきます。直前にお知らせがあったり、学年便りで早めに知らされたり、学校により本当にバラバラです。

  • 2Lペットボトルの空き容器
  • 牛乳パック
  • プリンの空容器
  • 新聞紙
  • ラップの芯
  • ティッシュの空き箱
  • お菓子の箱

「家に在庫内!」という物も必要になってくることがありますので、連絡帳や学校からのお知らせは隅々まで確認しておきましょう。

 

[5]家庭訪問

家庭訪問

 

家庭訪問は負担を感じる行事の一つです。ですが、発達デコボコ児の家庭だからこそ、またとない機会だと考えましょう。

近年、家庭訪問は個人懇談に変更されるなど簡素化もされていますが、先生が訪問する場合はきちんと整理整頓して迎えましょう。そのうえで、先生への要望を伝えます。

  • 不満や批判を並べすぎず、感謝の気持ちと共に、要望を伝える。
  • 家庭でこのように接してみたら子どもがうまくできたケースを伝える。
  • 家庭のみでは努力にも限界があるので学校の協力が必須。
  • 先生、そしてクラスのお友達、みんなに感謝している。

このような感じでバランスよく伝えていきましょう。

学校の先生みんなが発達障害の専門家ではありませんので、なかなか伝わらない面が多いものだと踏まえて説明していくと、次の個人懇談などの機会に話しやすくなります。

 

家で出来る準備

掃除当番

 

学校への要望はいろいろ思いつく部分も多いと思いますが、家庭でも学校での活動に役立つように準備をしていきます。教科書を先に読んでおくことと同じように、給食当番・掃除当番の練習も必要です。

  • おかずを家族の人数分、均等につぎ分ける練習
  • 指定の場所を掃除する練習

お子さんが「ぶっつけ本番ではできない」ことを見つけたら、家庭で練習しておくと安心感が大きくなります。