うちの子HACK

うちの子HACK

【PTA連合会の保険】これって保護者会?加入しておいたほうがいい?

PTA 保護者会
 

小学校で目にする「PTA連合会の保険」とは

入学書類に含まれている「PTA保険」の書類。

パンフレットに「PTA」とか「小学生・中学生総合保障制度」と書いてあり、見慣れない保険です。名前が「PTA」だし、なんだろうと思ってしまいますよね。

どのような保険なのでしょうか。

 

 

 

 

「PTA連合会の保険」は一般の保険

f:id:i_blog:20190109132308j:plain

保険の名称は「PTA連合会」ですが、学校単位の個別のPTAではありません。保険の受付や支払いは一般の保険会社やその代理店が行ってくれます。

加入した方が良いとか、役員さんのことを気にする必要もないのです。

 

PTA連合会保険の「保険料」

保険には完全に個人で加入する保険と、職場単位など団体扱いとして加入する保険があります。

団体扱いの保険は一般的な保険料よりも割引き扱いになっています。団体の規模や職種によりランクが分かれていて、数%程度ですが保険料も割安なのです。

PTA連合会の保険も団体加入の保険として保険料が算出されています。

ただし、お子さんが小さいうちから加入している保険がある場合は、すぐに乗り換えず、内容をしっかり比較して加入を検討しましょう。

古い保険であっても、補償内容が改善され、補償内容に差のないケースも多いからです。

 

私学共済

同じような保険として「全国私学共済」「私立幼稚園共済」などがあります。

私立学校・私立幼稚園経由でパンフレットが配布され、児童・生徒が加入できる保険です。

 

 

 

子どもの「ケガ」「個人賠償責任保険」は大切

PTA保険を気にしすぎる必要はありませんが、幼保・小中学生の時期はケガや他人に迷惑をかけてしまった時の賠償責任保険は重要です。

子どもの頃は病気入院の心配は少ないものの、ケガやトラブルはいつ起きるか分かりません。

お子さんの行動を全部管理することはできませんし、けがをしたり、人にけがをさせてしまったり、ニュースで見聞きするような事故がいつ起きるか分からないため備えも必要なのです。

  • 登下校中の被害事故
  • 子どもが自転車搭乗中に他者にケガを負わせる
  • 友人宅で貴重品を壊してしまう

どんなトラブルが起きるか分かりません。費用が高額になることも想定して「賠償責任保険」にも加入しておきましょう。

 

賠償保険は「示談交渉サービス」がポイント

子ども向け保険は、全国生協・都道府県民共済や、一般の保険会社を含め、多数のこども保険があります。

何かが起きた時、金額が大きくなるリスクが高いのが他人への賠償です。

賠償責任保険は、住宅火災保険や自動車保険にも追加できる種類の保険です。

加入すると家族みんなのトラブルに利用できます。

選ぶ際は、「示談交渉サービス」が付いているかどうかを重視してください。

現在は大半の賠償責任保険に示談交渉が付加されていますので、加入している保険を確認しておきましょう。

 

保険比較会社に相談する方法もあります

保険マンモスの無料保険相談

 

行事の際に加入する保険

子供会やPTA活動の行事のときに氏名・生年月日を集約してグループで保険に加入することがあります。これはその活動をする日時に限定して加入する保険で、レクレーション保険と呼ばれます。

一般の保険とは違い、1年間などの契約ではなく、イベント当日のみが補償の対象となっています。

 

子どもがケガ!学校から手続き書類をもらってきた

お子さんが学校で過ごしている時にケガをした場合は、学校の管理下での保険対象となるため、学校から手続きの説明を受けることがあります。

これは学校が加入している保険の手続きで、家族や個人で加入している保険とは別物となります。学校内・学校管理下でのケガに関する補償となっていて、対象の時間帯や場所が指定されている保険なのです。

 

 

疑問点は保険会社に確認

トラブルが起きたり疑問点があったら、保険会社に確認してみましょう。早めに相談しておくことで手続きの注意点やバックアップを受けることができます。