うちの子HACK

うちの子HACK

並行通園・小学校入学で「複数」の保護者会…どう説明する?役員のことは?

f:id:i_blog:20190122114027p:plain

 

4月は保護者会の役員きめ

春から幼稚園・保育園との並行通園が始まる。小学校に入学して学童保育や児童デイサービスにも通う。

新しい生活が始まると、さっそく保護者会の役員決めもありますね。

一般のご家庭と状況が異なるんだけど…と感じますが、今や保護者会は、共働き家庭でも身内の介護のある家庭でも、誰もが引き受ける可能性があります。

しかしお子さんが複数の場所に通う場合、それぞれの保護者会で役員の話が出てくるため、いくつか断っていく必要もあります。

周囲の理解を得ていく必要があるのですが、どのように説明して行けばいいのでしょう。悩みますよね。

 

 

 

 

未就学時期の並行通園…2カ所の保護者会

未就学児のお子さんで4月から「並行通園」を利用する場合、保護者会は両方に加入して、活動も2カ所、運動会などの行事も2箇所になります。

並行通園だと当然、両方の保護者会で役員の話が出てきますし、とくに療育先は子どもの人数もそれほど多くありません。

療育先は限られた家庭数の中で役員決めになるため、当たる確率も高くなります。

そこで考えておきたいのが優先順位です。

  • 通園日数の多い方の役員を優先したい。
  • 幼稚園・保育園で迷惑をかけそうなので、そちらを優先したい。
  • こちらは通う日数が少ないため、他の方にお任せしたい。

日数の少ない方の保護者会では、このような話をしてみましょう。

 

療育先の役員を引き受けた…幼稚園・保育園で説明するには

幼稚園・保育園の登園日数が少なく、療育先の方の役員を引き受ける場合は、幼稚園・保育園の保護者に少し説明する必要が出てきます。

「並行通園」「療育」のことを良く知らない保護者の方も多いため、こういう説明は難しいものです。

春の段階、お互いにまだ良く知らない時期に、詳細を話すのは難しいでしょう。

そのため、まずは

  • 登園曜日が限られている
  • こちらに通う日数が少ない
  • 2カ所に通うため、行事も重複
  • 保護者会も2カ所なので多忙

このような点の説明をしておきます。

療育のことが周囲へどのように伝わるか未知数ですので、お子さんの特性まで話すかどうかは慎重にしなくてはなりません。

 

注意が必要!「特性」を伝えるには

伝え方を間違うと、話を聞いた保護者がいろいろと誤解してしまう可能性もあります。

お子さんが友達の中で軽んじられてしまう可能性もないわけではありません。詳細についてはそのうち、というペースにしておきましょう。

あっけらかんが良いわけではありません。軽く話してしまうと、そのまま軽々しくウワサが広まる可能性もあるからです。

伝え方、伝える場について、注意していきましょう。

 

 

 

小学校に入学すると急増する保護者会

小学校になると「PTA」「子供会」や「児童デイサービス」「学童保育」など関わりも多くなってきます。

学校や学童保育でトラブルが起きそうなら、それを見越して役員になってしまう方が良いかもしれません。

とくに学童保育と児童デイサービスでは、お子さんの特性と職員の方の資質の相性があります。

保護者会があるなら役員をかって出ると、先手の対策になります。

 

周囲の勘違い

一般的な子育てをしている家庭では、発達障害について何となくの知識くらいしかありません。

そういう人が大半です。

差別してはいけないと分かっていても、その通りに行動してくれるとは限りません。

また、発達に問題のあるお子さん家庭に対する勘違いもあります。

  • 全員、手当が支給されている
  • 並行通園の利用料が格安
  • 学童保育も無料なのでは
  • 障がい者年金をもらってる

実際に手当ての支給対象の家庭もありますが、全員ではありません。

このような勘違いがあって

「優遇されているから、役員を引き受けて」

「手当があるから共働きの必要がない」

「学童ではなく、児童デイサービスを利用すればいい」

といった反感も出やすくなることがあります。

 

味方つくりは難しい

状況がよほど整っていないかぎり、正しく情報を周囲に伝えることは難しいものです。

だからこそ、最初から誰にでもどんどん話してしまうのはお勧めできません。

お子さんも日々の成長に伴って、昨日できなかったことが今日できるようになったり、朝と夕方で出来ることが変化したり、成長していくからです。

春は子ども達誰もがソワソワしたりドキドキ過ごしているもの。

落ち着いて、周囲の人間関係が分かってから話す方向で良いのではないでしょうか。

それまでは保護者会役員などをかって出て、先生方との連携をしっかり取るようにすると、問題が起きた時に解決しやすくなります。